音楽がつまらない

日本のアイドルとかの音楽は
80年代の洋楽あたりから
パクってきてると思います。
で、
別にそれで曲が
良ければ良いですよ。
良くないもんだから、
減速してしまうの。

そのままやったらパクリになるから
どうしても加工をするわけだけど、
そ、れ、が!!
そ、こ、が!!
ダサいの。
だったらそいつは本来、
存在価値がないし、
パクる意味もないの。
だって誰の為にもならないから。

でも、アイドルって
武器がそいつの才能の無さを
誤魔化して守ってくれるの。
だから何にも
勉強なんて要らないわけ。

だって本気で音楽やろうと思ったら
本場に修行に行くなり
音楽との関わり方だって
色々あるわけでしょ?
掘り下げれば
奥が深いのが音楽なんだから。
でもちゃんと勉強しなきゃ
良質な音楽作るのなんて
無理に決まってんじゃん。

で、ずーっと
一般市民は何年もその上っ面の
改悪の音楽だけに晒されて、
久しぶりに80年代あたりの
曲なんか聴くと
そっちの方が
イキイキして聞こえるの。
当たり前と言えば当たり前。