良いギター

もう一発で
良いギター見つけちゃった!

一番安い17万円から
どんどん高い60万のギターまで
弾いていって、
一番音が良かったのが
なんと一番安い17万円でした。

、、そんなわけないだろ!!
って思うでしょ?

いや、
どう贔屓目に見ても
贔屓耳に聴いても
一番安いのが
最も良いギターでした。

ギターの音は
ほとんどが
値段と比例するもんなんです。
プロなら大体
40〜100万円くらいのギターを
使ってるんじゃないかな?

でも、
ギターの値段は
木の材質と
ブランドの値段であって
音を保証するもの
ではないのです。

安い材料だって
凄く美味しい料理を
作れたりするわけで、
それが高級料亭を
凌駕する可能性が
ないとは限らないでしょ?

だから、
高いから絶対に良いギター
とも限らない。
ちゃんと聴いて選べば
17万円でも
60万円以上の音質と
言う事にもなり得ます。
画商みたいな話ですね。

まあ、
偶然その17万のギターが
そのタイミングで
あったから良かったけど
それがいつあるかなんて
分からないわけで、
と言うか
そんな良くて安いギターなんて
滅多に無いわけだから、
きっと神さまが
与えてくれたんでしょう。